お客様から、次のようなお問い合わせをいただきます。

%e2%91%a9-h 「顧客ごとに外字や扱える文字が決められている。納品の際に顧客ごとにプログラムを作成して文字コードの範囲をチェックしているが、入力作業段階で制限できれば、より確実にできる。何か良い方法はないだろか?」

一般的に使用される文字コードは

%e2%91%a9-2%e2%91%a9-3 JIS78 +外字

JIS90 +外字

が多いですが、外字は顧客によって使われる

%e2%91%a9-4
%e2%91%a9-5 文字

が異なります。

 顧客ごとに外字も異なりますので、

%e2%91%a9-6 チェックするプログラム

 

%e2%91%a9-7 顧客ごとに開発

する必要があります。

 

 また文字コードをデータ入力後にチェックする場合、

%e2%91%a9-8 このような作業の流れ

を考えなければいけませんが、入力作業時にチェックすれば

%e2%91%a9-9 このようなに作業の流れを簡単

 にすることができます。

%e2%91%a9-10

 Super-Entryシリーズでは、標準で

%e2%91%a9-11 ・JIS第1~第2水準(JIS90)

・Windows漢字(MS932)

・JIS第1~第4水準(SJIS2004)

・JIS第1~第4水準拡張(SEC_0213M)

・Unicode

 

以上の文字コード範囲を制限することができますが、さらに

%e2%91%a9-12 このように入力を許可したい文字コードを追加したり、

減らしたりすることで、

新たな文字コード範囲を制限した設定ファイルを作成することができます。

(設定ファイルの設定は、“メモ帳”などのテキストエディタで簡単に行えます。)

 

これを顧客ごとに設定することで、

%e2%91%a9-13 顧客のニーズに応じた文字コード範囲の制限

 が容易に実現できます。%e2%91%a9-14

 

新たな文字コード範囲を制限した“設定ファイル”は

%e2%91%a9-15 Unicode領域

でも制限できますので、外字をUnicode領域に置き換えた場合などには大変有効です。

 

関連する製品も併せてご参照ください。

Super-Entry7.8

Super-EntryBB7