データエントリー、パンチ入力に関するお悩みは当社へご相談ください。お役にたちます。

超高速!!イメージ分割


商品の概要

 超高速!! イメージ分割は、

●テレワークやオフショアでのデータ入力に供するイメージ画像

イメージファイリングにて保管するイメージ画像

といった秘匿性を高く求められるイメージ画像について、

1.今までの常識を覆す超高速処理速度

2.簡単な設定で、シャッフル、スクランブルなどの複雑な画像処理を実現

3.OCRと組み合わせるなど、柔軟な運用が可能

4.様々なエントリシステムとの接続が可能

  といった特徴を持ち、単純にイメージ画像の秘匿性を向上させるだけでなく
入力業務での前後処理を飛躍的に向上させることが出来ます。

<簡単なご説明資料は>
こちらをクリックして、ダウンロードしてください。(PDF形式)

ページ上に戻る

主な特徴

 ★複雑な画像秘匿処理を簡単な設定で行えます
  :画像一部分を切り出すだけでなく、複数の項目を切り出し、
結合などを簡単に行えます。

 ★独自のスクランブル処理により、さらに強固に画像秘匿処理を行えます。
  :イメージデータを長期に保存する”イメージファイリング”などに有効です。

 ★JIS第3、第4水準文字の取り扱いが可能です
  :人名や地名などで使用できる漢字が増え、表現力がています。

  ★Windows7,Windows8での動作が可能です。

ページ上に戻る

    

構成例及び処理例

   図.Super-EntryBB7と組み合わせた場合の構成例

  図.スクランブル処理を使ったイメージファイリング構成例


    図.Super-EntryBB 7と組み合わせた場合の処理例
   

 

ページ上に戻る

    

システム主要機能

イメージ分割機能(エンジン部分)

機     能 概     要
利用可能な
イメージファイル
白黒及びカラーTIFF
・(G3FAX/G4FAX/LZW圧縮/JPEG圧縮)
・Multi TIFFも使用可能(最大1000ページまで)
JPEG形式
BMP形式
画像サイズ
の制限
特にありません。(A3/300DPIで動作確認済み)
1フォルダ
当たりの
イメージ枚数
特に制限なし(OSの制限値により異なります)
分割数
(パレット数)
既定で100パレットまで指定可能
分割定義方法 専用ユーティリティにより定義
イメージ分割モード 1.標準モード・・・シャッフルモードとの併用は不可

(1)単純分割

  イメージファイルの一部分を切り出すだけでなく、

  切り出したイメージを再合成して見やすいイメージ画像を作成することが出来ます。

 (2)串刺し

イメージファイルの一部分を切り出し、他のイメージファイルから切り出した同じ部位を縦方向又は

横方向に再結合します。

再結合回数(串刺し数)は20個まで、再結合される順番はランダムなので、

各部位から元のファイルをたどることは出来ません。

 (3)マスキング

   イメージファイルの一部分を切りとり、帳票特有の情報(会社名、帳票名など)を削除します。

   当ツールでは、切り取る部分に別の画像をかぶせるのではなく、

   完全に色情報を抜き取ってしまいますので、マスキングをかけた部分から情報を抜き出すことが

   出来ません。

2.シャッフル(特許出願中)・・・串刺しとの併用は不可能

*それぞれのパレットの画像を組み合わせて、1枚の異なる画像を作成する機能



上の帳票では、
・住所
・電話番号
・氏名
がそれぞれ別の帳票のモノを組み合わせているので、架空のイメージデータを再構成しています。

3.スクランブル処理(オプション)
  秘匿化したい情報を縦横マス目で区切った(ピースといいます)を1イメージデータ毎に
ランダムに入れ替えることで,秘匿性を向上
させます。

ピースの数を多くすることで、さらに秘匿性が向上します。

テキストの
取り込み機能
イメージファイルとテキストファイルが組み合わされているデータを使用して、画像をイメージ分割した画像に合わせてテキストを分割する機能。
(OCR済みテキストの利用や、他社で行われたエントリ済みデータを引き継いで、ベリファイを行う事が可能になります)
取り扱い可能な
漢字文字範囲
・JIS90
・JIS2004
取り扱い可能な
漢字エンコード
・Shift-JIS90
・Shift-JIS2004
・UNICODE(UTF-8,UTF-16)

イメージ分割定義(専用ユーティリティ)

機     能 概     要
作成可能な
分割定義数
特に制限なし
OSのファイル・フォルダ数制限に準ずる
利用可能な
イメージファイル
白黒及びカラーTIFF
・(G3FAX/G4FAX/LZW圧縮/JPEG圧縮)
・Multi TIFFも使用可能(最大1000ページまで)
JPEG形式
BMP形式

ページ上に戻る

 

推奨動作環境

イメージ分割機能(エンジン部分)
対応機種 DOS/V機
OS JRE7が動作するWindoer Server 2003以降のWindows Server OS
(Windows Server 2012 Standardまでの動作を確認)
CPU 推奨OSがストレス無く動作する処理能力を持ったCPU
(マルチコアCPUを推奨)
RAM 推奨OSがストレス無く動作する容量(4GB以上)
ハードディスク 空きエリア100MB以上(但しプログラム領域のみ)
SCSIによるRAID方式を推奨

イメージ分割定義(専用ユーティリティ)

対応機種 DOS/V機
OS Windows 7以降のSun JRE 7が稼働するOS
(Windows 8 Professionalでの動作を確認)
CPU 推奨OSがストレス無く動作する処理能力を持ったCPU
RAM 推奨OSがストレス無く動作する容量(2GB以上)
ハードディスク 空きエリア100MB以上(但しプログラム領域のみ)

ページ上に戻る

オプション

 
機     能 概     要
帳票識別
/補正機能
帳票内の枠線を認識、定義済みの帳票パターンとマッチさせ、以下の処理を行います。
1.帳票種類ごとのフォルダ振り分け
2.傾き・回転の補正
帳票識別
(OCR)
カラーイメージに書かれている
・活字文字
の全角文字、英数字をOCR処理により読み取り”帳票識別/補正機能”で識別しきれなかった帳票の振り分け処理を行います。
スクランブル
処理
 秘匿化したい情報を縦横マス目で区切った(ピースといいます)を1イメージデータ毎にランダムに入れ替えることで,秘匿性を向上させます。
PDF
変換ツール
PDF変換ツールは、PDFファイルを任意のフォルダにフォルダに配置するだけで以下の処理を行います。
1.PDFファイルを読み込み、PDFファイルと同名のフォルダを作成します。
2.同名フォルダにPDFファイルの1ページごとにシングルTIFFファイルを書き出します。
2の処理の後は、帳票識別/補正または画像分割処理を自動で行います。
自動出力
オプション
出力処理を外部から自動的に実行するプログラムです。
(自動出力処理は、作業ファイルとパラメータを指定して実行します)

ページ上に戻る

価 格

  価格はすべてオープン価格です。

  詳しくは、

  TEL:03-3834-2408  又は  お問い合わせページ

   よりお問い合わせ下さい。

ページ上に戻る

PAGETOP
Copyright © SEC Corp All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.