データエントリー、パンチ入力に関するお悩みは当社へご相談ください。お役にたちます。

超高速!!イメージ分割


 

商品の概要

簡単な設定で、複雑な画像秘匿化処理を実現
シャッフル、スクランブルなどの複雑な画像秘匿化処理が簡単な設定にて実現できます。
多様なシーンでの使用が可能です。
分割パターンを定義すれば、後は処理を自動化できます。

既存の  
・イメージワークフローシステム
・イメージファイリングシステム
などへ組込み、秘匿性の向上も可能です。

<パンフレットのダウンロート>
 こちらクリックして、ダウンロードしてください。(PDF形式)

ページ上に戻る

Super-Entry シリーズ『超高速!!イメージ分割』は簡単な設定で複雑な画像秘匿化処理が行えます。

守りたい情報は“ハイレベル”なセキュリティ対策で!!

名前・住所の単独切出、郵便番号&住所の複数項目切出などは当たり前
・入力効率の向上、
・秘匿性向上
を同時に図れます。
名前、住所など項目毎の単独切出、郵便番号と住所等関連する項目を切り出す複数項目切出にも対応しています。

入力効率を上げつつ、秘匿性も同時に向上できます。

処理後のファイル名は元ファイルとは全く関連のないものにするためさらに秘匿性が向上します。

特定の項目を隠すマスキングも同時に行えるので、お客様の様々なニーズに応えることができます。

既存の入力プログラムをそのままに、秘匿性向上
“シャッフル機能”で既存の入力プログラムをそのままに

秘匿性を向上できます  

複数の画像から切出した、名前、住所、電話番号などの項目を

 

1枚目:名前

2枚目:住所

3枚目:電話番号


といったように組み合わせ、複数の画像の一部分をランダムに集め、1つの画像に再構成します。
(再構成パターンは1枚毎に異なります)

入力方法とプログラムの大きな変更を必要とせず、秘匿性を向上できます。

合わせ技で秘匿性を向上させるための“秘密兵器”
“スクランブル機能”で単独切出、シャッフルされた画像を強力に秘匿化できます。
当社独自の“スクランブル機能”は単独切出、シャッフルなど元画像に秘匿化処理した画像をさらに強力に秘匿化する為の機能です。

1枚毎に“砂嵐”パターンが異なり、仮に1枚のイメージが解析できても、他のイメージは解析できません。

縦・横200ピースずつシャッフル処理した場合の復元確率は2×10の15万乗というとてつもない数字。

画像解析にて元の画像に戻すのはほぼ不可能です。


イメージを配置すれば、後は自動で“超高速処理”
スキャニング、OCR処理後の連携などにも柔軟に対応します。
画像分割定義後、“画像分割サーバー”に定義情報を配置することで、


 イメージ分割処理
  ~分割イメージの送信
  ~分割入力済みテキスト受信  
  ~テキスト結合
までを自動化できます。


スキャニングやOCR処理後にイメージ分割処理を追加できますので、既存処理フロー秘匿性を容易に向上することも可能です。

ページ上に戻る

システム主要機能

 

イメージ分割機能
機     能 概     要
動作

プラットフォーム

Oracle Java Runtime Environment 8.0が動作するサーバーOS上

Windows 2008 Server, Windows 2012 Server, Linux

マルチコアCPU

メモリ2GByte以上

SCSIによるRAID環境を推奨

利用可能な

イメージファイル

白黒およびカラーTIFF

(G3FAX/G4FAX/LZW圧縮/JPEG圧縮)

(Multi TIFFも利用可能(最大1000ページ))

JPEGファイル

BMPファイル

画像ファイル

の制限

特に制限無し

A3/300dpiで動作確認

イメージ枚数

1フォルダあたり)

特に制限無し
分割数 既定で100パレット(注)まで指定可能

注:パレットとは、分割後の画像ファイルが生成される単位です。

分割定義の方法 専用ユーティリティーにより定義
分割定義の

保存方法

xmlファイルにて保存
イメージ分割モード ・標準(マスキング処理を含む)

・串刺し

・シャッフル

イメージの串刺し 標準サポート

串刺し回数(20回まで)と串刺し方向(縦・横)を指定可能

シャッフルとの併用は不可能

イメージの

シャッフル

標準サポート

それぞれのパレットの画像を組み合わせて、

1枚の異なる画像を作成する機能

串刺しとの併用は不可能

 

イメージ分割定義、その他機能
機     能 概     要
動作

プラットフォーム

Windows7, 8, 8.1, 10 (バージョン 1709まで)

※Windows RTを除く

OSがストレスなく動作する能力を持ったx86系とx64系のCPU

メモリ2GByte以上

作成可能な

分割定義数

特に制限無し
OSのファイル・フォルダ数制限に準ずる
 

イメージファイル

白黒およびカラーTIFF

(G3FAX/G4FAX/LZW圧縮/JPEG圧縮)

(Multi TIFFも利用可能(最大1000ページ))

JPEGファイル

BMPファイル

※分割に使用可能なイメージファイルと同様

テキストの結合

バッチ機能

標準サポート

イメージ分割機能で分割した画像由来の、テキストの結合をサポート

テキストの取り込み

・バッチ機能

※OCR訂正など

標準サポート

イメージ分割機能で分割した画像に合わせてテキストを分割する機能

●本仕様は予告なく変更する場合があります。

※本カタログに記載されている

会社名及び製品名

は登録商標または商標です。

※「Super-Entry」は株式会社エス・イー・シーの登録商標です。

活用事例については、

こちらのページをご参照ください


価格は
すべてオープン価格です。

  詳しくは、

  TEL:03-3834-2408

  又は   お問い合わせページ

  よりお問い合わせ下さい。

ページ上に戻る

PAGETOP
Copyright © SEC Corp All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.