お客様より

人員がなかなか集まらないが、業務量は増え続けている。業務を効率化して、増え続ける業務量に対応したい。

何かよい方法はないだろうか?

とのお問い合わせに対して、前回は

製品を組み合わせた自動化

により、増え続ける業務量に対応するべく、業務の効率化を図る方法についてご説明いたしました。

今回は、

現在の業務フローを踏まえた自動化

についてご説明いたします。

入力作業では前後作業の

作業データの受け取り
作業の作成・指示
作業後の出力処理及びデータ転送

といった作業が発生し、既存のユーザーインタフェースを用い、人間により逐次オペレーションしているケースが多く見られます
確かに

人の目を入れてチェックをする

という観点では有効かもしれませんが、効率的に運用するという観点では

出来れば自動化

することで効率的になると考えられます。

Super-Entry7.8では

1.入力作業前に行う作業の作成を自動化する。

2.入力作業が終わった作業の出力処理を自動化する。

といった場合、

・作業の作成

・出力処理

については通常のユーザーインタフェースを使用せず、

コマンドにより出力が可能

です。コマンドにより処理が可能ということは、

自動化する見込みがある

ということですし、Super-Entry7.8はWindowsベースで稼働しますので、これらを

汎用プログラムで記述することで、比較機容易に自動化処理する

ことができます。たとえば、

・手順

・判断事項とイレギュラー時の対応

・チェックすべき事項

などを

・棚卸し

できれば、これらを汎用プログラムで記述することで、比較的容易に自動化処理することができます。
その他、お客様個別のシステムに連携する場合などの場合は、

受け渡し方法(インタフェース)

を考慮することで他のシステムとの連携も行える様になるので、より効果が享受できると考えております。

当社製品はほぼ自社開発ですので、当社製品を熟知したうえで

 

renkei-4 ・別プログラムの開発

・プログラムのカスタマイズ

を行うことができます。

様々な経験から現行のシステムに対してのご提案ができますので、お気軽にお問い合わせフォーム またはお電話にてお問い合わせください。

 

関連する製品も併せてご参照ください。

Super-Entry7.8

Super-EntryBB7

超高速!!イメージ分割