お客様より

新型コロナウィルスに関する事務処理案件を受託することになった。
やらなければいけないこと、期日は決まっているが細かい運用面まで落としこんでおらず、処理をするシステムもない。
細かい運用ベースによるように処理を検討の上何とか期日に業務開始にこぎつけたい。
業務開始まで1週間ほどしか時間がないが何とかならないか?

というご相談をいただきました。

 

昨今の新型コロナウィルス騒動で給付金や助成金等の事務処理業務は、早急に対処すべきではありますが

・どのような書類が

・どのような注意をもった処理を経て

・どのような形の結果を納める

ということを留意して処理を行わないと、結果として

・申請者の方
・給付金や助成金を交付されるエンドユーザー様

にご迷惑をおかけすることになります。

 

そこでご相談いただいたお客様より

・運用に至るまでのイベントとテスト
・処理概要
・留意点
・管理すべきポイント
・処理すべき書類
・処理結果の納品方法

を伺ったうえで、その場で

 

このお話を伺い

・処理フロー案

・処理フローを満足するための開発事項

・テスト時までにリリースできる開発事項とそれに伴い、テスト時に行っていただくべき事項

・運用前に確認すべき事項
 

をご提示しました。

 

処理のポイントとしては、

1.申請に必要な申請書と付属書類が紙で郵送されてくる
2.申請書と付属書類は受付後に仕分けして、それぞれの枚数をカウントする必要がある。
3.申請書と付属書類は以下の理由で画像化する。

(1)データ入力作業は受付場所以外で実施する。

(2)納品時に申請書の入力データと合わせて画像データもエンドユーザー様に納品する必要がある。

4.画像化された申請書並びに付属書類については、

(1)入力作業に必要な画像はすべての申請書並びに付属書類はすべてが必要ではないので、仕分けを行う必要はある。

(2)入力作業に必要な画像はJPEG形式だが、納品に必要なのはPDF形式であるので、仕分け作業後、必要なJPEGファイルと納品に必要なPDFファイルを作成する必要がある。

などの要件が多岐にわたり、データエントリー製品を販売しながら

様々なお客様のBPOの現場を経験させていただいた経験

を存分に発揮させていただきました。

 

おかげ様で、

お客様のご要望のスケジュール通り業務開始することができました。

新型コロナウィルス蔓延に伴う昨今の情勢において、急な案件やご提案などでお困りであれば、是非当社にご相談ください

当社の経験を活かし最善のご提案をさせていただきます。

 

詳細については、こちら より お問い合わせください。