政府が効率性、柔軟性等の向上を目的にシステムのクラウド化が進められているのを受け、お客様から

「Super-Entryをクラウドシステムで使用できないか?」

とのお問い合わせを受け、活用事例に記事を投稿しました。

こちら よりご覧ください。

以前は回線速度や国内拠点での利用が難しいなどの問題で敬遠されていましたが、最近では回線速度の向上や国内複数拠点での利用が可能になるなどクラウドシステムを利用するハードルが下がっています。

また、クラウドシステムを利用することで得られるメリットについてもまとめてあります。

是非ご一読の上、多くの方のご参考になれば幸いです。